相手に相談は必須!今までにない刺激で女性を感じさせるソフトSMのやり方

長く付き合っている彼氏や一緒に暮らしている夫婦の関係になるとどうしても毎回同じセックスでマンネリ化してきてしまってどんどんセックスの回数も減ってしまい、もう同じ相手では満足できないなって内心思っている夫婦も少なくないでしょう。

セックスレスになってしまう夫婦も非常に多く、今問題視されています。それを解消する意味でもちょっとした刺激が出来るソフトSMがマンネリセックスを打破してくれるわけです。

ただし、SMと聞くと怖いイメージを抱く方も多く、誰だって痛いのは嫌だ!とか今まで黙っていたけどそんな変な性癖があったのね!って思われて幻滅されてしまう可能性もあるかもしれません。

しかし、ソフトSMは普通のセックスの延長で楽しむことが出来る痛みの無いイメージしているSMではないやり方です。

ちょっとしたいつものマンネリではつまらないと感じている人は是非とも行うようにしましょう。

ここではソフトSMってどんなバリエーションがあるのか分からなかったり、やり方が分からないという人のために紹介していきたいと思います。

マンネリを防止して男性だけではなくて女性も興奮するやり方を紹介します。いつもと違うシチュエーションが2人を盛り上げてくれるのです。

隷従感にゾクゾク!拘束プレイ

タオルやネクタイなどで代用してもいいですが、やはり手錠などで拘束をした方がより視覚的にも盛り上がります。

相手の自由を奪うという男性からしてみれば興奮をしますよね。

ただし、女性に行う時は必ず気をつけなくてはいけないのがキツく結びつけないようにしましょう。

痛みを伴ってしまうのは嫌がります。また痛みが走るような体勢を取ったりと、行き過ぎた行為をすると相手はそれ以降してくれなくなります。

あくまでも羞恥心として興奮するために行うものです。

恋人同士で険悪な雰囲気にするのではなくて2人の関係をより強く結びつけるキッカケとして拘束プレイをしましょう。

後ろ手に縛る

女性の両手を後ろに回した状態で拘束をします。

両手が自由にならないということで女性は乳房も陰部も全て隠すことが出来ず、裸身を彼氏の前にさらすこととなって羞恥心となって現れます。

その女性を征服した姿に男性も普段よりも興奮をします。

また後ろでに縛られるぐらいならば女性もそこまで抵抗は無いですし、これぐらいだったら付き合ってあげてもいいかなって思う女性も多く入り口にしやすいですよね。

初めてソフトSMをする人に向いているのではないかと思います。

ただし、常に寝た状態だと腕に体重が乗っかっているわけですから当然負担も強くなるので途中で起こした上げたりと労ってあげるようにしましょう。

手首を膝裏で拘束

後ろ手になれてきた次の段階として両方の手を手首を膝裏で拘束するやり方です。

女性を仰向けに寝せた状態にして膝を曲げてもらって膝の裏で両手首を固定します。すると膝を抱えて形のようになり身動きが出来ないどころかお尻までも丸見えの状態になってしまって全てさらけ出してしまっている状態になります。

この体制は女性からするとかなり恥ずかしい状態になるだけでなくて全く持って動けない状況になるのでより男性の征服欲が高まりますし、この状態のまましばらく眺めておくことで2人の興奮度は高まります。

手首と足首を拘束

左足首と左手首を1つになるように固定をして右足首と右手首も同じように1つになるように拘束をします。

こうなると両足を開いた状態で固定されるのでどう動こうとも隠すことが出来ません。

女性は最も恥ずかしいと感じる体位かもしれません。最終的にはその状態で陰部をいじくってあげたり、拘束をしたままの状態で挿入するようにしましょう。

視界を奪うことで敏感に!目隠しプレイ

相手の視界を奪うということがまた興奮材料になりますし、人は視界を奪われると他の器官特に触覚が過敏に反応します。

また視界を奪われたことによって何をされるか分からないということで予測がつきません。

乳房や乳首を軽く触られただけでビクッと反応しちゃいますし、陰部を触られるかどうかのギリギリのラインで焦らすことでより濡れやすくなります。

男性は視覚的に興奮をしますし、女性は視覚よりもむしろ触覚でより気持ちよさが倍増するということもあって目隠しをすることで快楽が増します。

意外と目隠しをされて嫌う女性はいないのでソフトSMを入り口の定番として取り入れてみましょう。

言葉責めをする

目隠しをされていることで女性は触覚が敏感になっている状態です。男性に何をされるか分からない状況の中でさらに言葉責めをされることで女性はより興奮されます。

大きな声で言うのではなくて耳元でささやくようにボソッと言うことで女性も普段言わないような台詞を思わず言ってしまいます。

でもどんな風に言葉責めをしていいのか分からないという人もいますよね

ですからここでは女性が言われてみたい言葉責めランキングトップ10位を紹介するので参考にしてください。

第1位:「○○って言ってごらん?」

「俺のことが好きって言ってごらん?」と言った言いやすいワードから「私はHが大好きですって言ってごらん?」みたいに応用できるのがこの言葉の魅力です。

優しく言ってごらんという言い回しをすることで主導権はこっちにあるものの相手に無理やり言わせるのではなくて自分で言わせるので相手も羞恥心がグッと高まります。

耳元で優しく言われることで女性もゾクゾクした興奮を覚えるのです。

第2位:「すごくスケベだね」

喘いだりピクピクと体をよじらせ悶えている彼女の耳元で囁いてみると効果的です。

体が勝手に反応をしてしまっているので抵抗をする事が女性も出来ていないわけですからより興奮度がお互いに高まります。スケベということを自覚させるという点でも非常にいいですよね。

第3位:「○○のスケベな声を聞かせてよ」

普段セックスの時に口を塞いで喘ぎ声が漏れないようにして我慢をしている女性に対して有効な言葉です。特に付き合いたてなんかは恥ずかしがって口を塞いでしまう女性も珍しくありません。

そんな時に男性のほうが素直に声を聞かせてと言われたら女性も素直に応じると思います。

このときにちょっとだけ強引に口を塞いでいる手を掴んで口を防げないように手で押さえつけながら言うと女性も言うとおりになりやすいです。

自然と女性は声を出してきます。

第4位:「どうして欲しい?どこをいじって欲しい」

セックスをするときはいきなり局部を攻めるのではなくてなるべく焦らすことで快楽が増していきます。そのため相手がはやく攻めて欲しいとじれったくしているのであればどうして欲しい?って聞くようにしましょう。

そしてどこをいじって欲しい?みたいに焦らしながら聞く事で相手の口から言わせることでより興奮度が高まります。

第5位:「どこが気持ちいいのか言ってごらん?」

第4位のどこをいじって欲しい?という台詞と似ていますが、このどこが気持ちいいか言ってごらん?って聞くのはもう陰部や乳首をいじっている時に相手が喘ぎ声を上げている時に聞くのがいいでしょう。

自分が気持ちよくなっているところを言わせるというのは女性は恥ずかしいものですから精神的な恥じらいを増す上で有効な言葉責めですよね。

第6位:「○○の味がする」

陰部を愛撫している時にわざと彼女や妻の名前を言いながら激しいクンニをしてあげて味がするということで恥じらいを助長させるワードです。

淡白なセックスしかしないのであればときに激しいクンニをすることで興奮度は高まります。

第7位:「すごくHな汁が出てるよ」

第6位と合わせていいたいのがこの「すごくHな汁が出てるよ」という台詞です。この台詞を言われたら女性も恥ずかしがりますが、より興奮して愛液があふれ出るわけです。

第8位:「ほら、音聞こえる?」

手マンなどの愛撫をする時にあえて激しい音を出しながら音を出して言ってあげたい台詞です。

セックスをする時に恥ずかしがって音楽などをつけたいという女性もいますが、あえて音が響きやすい無音の状態で性行為をすることで息遣いなども響き渡りますのでより激しさが増してくるのです。

第9位:「イくときはちゃんと言ってね」

イク時はちゃんと言ってね!って伝えるのは普段からイキそうになったらイク!っていう女性に対しても有効ですが、特にもう駄目・・・。とかヤダって言っている女性に対してこの台詞を言うことで言わせることで女性は男性に隷従感が増していきます。

M気質の女性はきちんと言うようになるので男性も興奮します。

第10位:「子宮にあたっているの分かる?」

女性はやはり子宮という部分に特別なエクスタシーを感じます。

子宮に当たっているというワードを言われていると今現在当たっている子宮部分を女性がより意識することになるので激しく感じてしまうものです。

女性がM気質だと分かっているときに有効な台詞です。

光沢感とヌルヌル感がエロい!ローションプレイ

普段と違う感覚で性行為をしたいと思ったらヌルヌル感の気持ちよさと光沢感がより興奮度を高めてくれるローションプレイがお勧めです。

ニチャニチャといういやらしい音と感覚で男性女性どちらも気持ちいいものです。

とはいえ家のベッドとかで行うと後片付けが大変ですし、お風呂も詰まる原因になるので家事をメインにしているのが女性側のほうは後片付けを気にしてしまって思う存分出来ませんのでローションを使うのであればラブホテルにいって行うようにしましょう。

ラブホテルに行くのもやはり普段家でしかセックスをしていない場合マンネリ化してしまうのでラブホテルにいく時はいつもと違ったプレイをすることのほうがメリハリがついて良いと思います。

いつも違った快楽を!ラブグッズを使う

ラブグッズを使うということも1つのソフトSMプレイですし、確実に女性を気持ちよくさせることが出来ますよね。

ラブグッズは色々な種類がありますので詳しくは女性が本当に喜ぶ!女性が選ぶラブグッズベスト10位に詳しく説明をしていきます。

初心者向けから状況者向けなど今は様々なバリエーションが豊富にあるので是非とも試して見ましょう。

女性もラブグッズに興味がある人は多いです。

あくまでも女性が嫌がらない程度で行う

今までに無い刺激で雰囲気を変えることが出来るソフトSMですが、大事なのはあくまでもマンネリを防ぐためのものです。

無理強いして行っては男女共に気まずい雰囲気させてしまいますし、嫌なのに共用されてしまうことでセックスレスにもなってしまいます。

演技のいや・・。と言っているのと本気で嫌なケースと本気で見極めなくてはいけません。

性行為が終わった後は必ず嫌じゃなかった?ごめんね!ってでもいつもよりも何か興奮したよ!って言ってフォローをしてあげることでケアをしてあげるようにしましょう。

セックスが終わった後は普段どおりに接することも大切です。大切なのはメリハリです。