女性を喜ばせるならキスをしろ!キスの仕方で女性はハマる

女性を喜ばせたい!もっともっとセックステクニックを研究して味わったことがない快楽を味あわせたいとかうまくならないまでも下手とは思われたくないから頑張ってテクニックを学ぼうと思っている男性も多いと思います。

ついつい男性の場合はセックスが始まったら前戯や挿入の時のテクニックを考えてしまいがちですが、もっとその前に目を向けることが大切です。

カップルや夫婦で大事なのはやはりキスです。

スキンシップの基本でありながら好きな人同士ではないと出来ないものですよね。男性はキスよりもやっぱりHでしょ!って思っている人も多いですが、女性の場合はセックスは出来てもキスはしたくないという人もいるぐらい女性はキスを重要視しています。

女性はそれほどキスを重要視しているわけですからセックスの時もキスをすることで気持ちが高まってくるわけです。

女性とのセックスを盛り上げる大事なものですのでしっかりとキスの仕方をマスターしましょう。

唇は性感帯!?

男性にとってキスはセックスで挿入へ至るまでの通過点ぐらいにしか思っていないかもしれませんが、前戯において重視するべきはキスです。

近年の性科学の研究では、キスには女性を性的に興奮させる仕組みが沢山あると言われています。

まず認識して欲しいのが唇というのは性感帯であるということです。

唇や舌には「マイスナー小体」と言われる感覚器官が多く分布されていて、このマイスナー小体というのは生殖器にも多く分布している感覚器官です。

つまり『キスをすること=性器を愛撫をしていること』ということになります。

キスをしただけで濡れるというのは納得できると思います。

またキスをすることで快感ホルモンのエンドルフィンやドーパミンが分泌されて、ロマンチックな幸福感とセクシャルな興奮の両方が生まれるのです。

男性の唾液には、性欲ホルモンであるテストステロンが含まれています。

キスをすることで女性の口に入り、女性のテストステロン値が上昇することで女性の性欲が高まってきます。ディープキスが気持ち言いだけではなくて興奮を高めるのもこのテストステロンの影響によるものなのかもしれません。

以上のことを踏まえるといかにキスをする上でとても重要な器官だということがわかると思います。

女性がとろけるキスの仕方

キスってよくよく考えるとあまり考えてしたことないかなって考えている人が多いかもしれません。

その場のノリに任せて激しく舌を絡ませているという人も少なくないでしょう。

ぶっちゃけそれでも十分すぎるいいと思います。

そこまで深くテクニックはああだこうだ考えずに本能の赴くままに情熱的なキスをしてもいいと思います。

しかし、あえてここであまりキスはしない!軽く唇を合わせるぐらいしかしないと言う人のためにやり方を説明をしていきます。

その前に絶対にしておかなければいけないのは口臭予防です。キスをする時というのはお互いの口がくさかったりすると思い切ったキスが出来ません。

またにんにくなどを事前に食べてしまうとどうしても臭いが気になったり、臭いで冷めてしまうこともあります。

キスをすることになりそうだと思ったらにんにくを控えたり、にんにくを食べなくてはいけないのであれば牛乳を飲んでおいたり、直前までマウスウォッシュをしたりして口臭にだけは気をつけて出来るならば二日前から口臭予防に気を使いましょう。

また男性の場合は顔があぶらっぽくなっている場合もありますので唇だけではなくて顔全体を洗ったりして清潔にしましょう。

キスをする流れとしては

①キスをする前にお互いに目を合わせる
②そこで好きだよ!とか普段言わないように言葉を使い良い雰囲気にする
③最初は軽くキスをして唇を合わせて徐々に激しいキスをする
④下唇を甘噛みしたり、上唇を甘噛みしたりする
⑤舌を出し入れしたり相手の舌を吸い付いたりする
⑥お互いの唾液を交換するぐらいに激しいキスをする

大体この流れがキスの流れと言って良いでしょう。

最初からフルマックスで行くのではなくて徐々にボルテージを上げていくことが大切です。

技術的なことで言うと

・相手の体を抱き寄せる
・しっかりと相手の体を抱きしめながらキスをする
・相手の頭を両手で優しく抑えながらキスをする
・キスをしながらブラを外したりとスムーズにセックスへと以降する

といったところでしょう。

キスの技などで言うと色々な種類がありますが、いちいち覚えて工程のようにやると盛り上がりません。技も大切ですが、やはりキスをするということはそのままセックスへと発展していくわけですから細かいことを考えながらやっていると相手にも伝わってしまって盛り上がりに欠けてしまいます。

大事なのは気持ちを優先して本能の赴くままにしたほうが良いと思います。

いちを紹介はしておきますので自分のキスの技を広げる意味で覚えておくようにしましょう。

●スウィングキス
…相手の下唇を軽く噛み、そのままの状態で顔を左右に優しくよじる。

●カクテルキス
…開いた状態で唇を合わせ、舌を吸い合ったり絡ませたり、噛み合うキス。

●クロスキス
…カクテルキスを隙間なく唇を密着させて行なう。

●スロートキス
…相手の舌を吸うキスで相手にも舌を出して貰いましょう。

●バインドキス
…ひとりが相手の上唇を、相手は下唇を唇ではさみ、左右にこすったり舌先で唇をなめたり、甘噛みしたりする。

●サーチングキス
…相手の口の中に舌先を入れ、左右に滑らせるように歯ぐきをタッチする。

●オブラートキス
…相手の舌を自分の舌で包む。

●インサートキス
…交互に相手の口に舌を挿入し、ピストン運動のようにするキス。

●ジャンピングキス
…舌を尖らせて舌や頬の内側、上あごの粘膜を刺激する。

●ニプルキス
…相手の唇の端から、下唇に沿うように舌先をはわせる。反対の端までいったら上唇も同じようにして円を描くようにキスをする。

キスというのは自分1人で行うものではなくてお互いにするものです。

ですからキスの知識が増えてしまって結局これが気持ち良いんでしょ?ってあたまでっかちになるのはいけません。

相手の反応を見て相手と呼吸を合わせることが大切です。

情熱的なキスをしつつ引き出しを増やすという感覚で行いましょう。

考え方として大事なのは唇や舌は性器と同じぐらいの性感帯であるという認識を持っておくことが大切なんです。