早漏改善・ペニス増大に効果があると言われるPC筋のトレーニング方法

早漏改善をしたいのであれば筋トレをしろ!という記事を読んだことがある人もいると思います。

え?早漏改善と筋トレって何の意味がある?筋トレをすれば早漏改善にならないでしょ?って思いますよね。

確かに筋トレをしたら早漏改善に直接的に作用するというものではありません。

とはいえ筋トレをしたら男性ホルモンが分泌されて精力増強にはなります。

セックスをする時の持久力にもなりますし、自分の自信にも繋がるわけです。

早漏っていうのはその多くが実は心因性から来ているということで自分に自信がなかったりすることが原因で起こると言われていますので自分に自信がついて早漏が改善される可能性もあるわけです。

また筋トレといったら大胸筋や腹筋などをイメージすると思いますが、ここでいうのはPC筋と呼ばれる部位をお勧めしています。

大胸筋や腹筋といった筋肉を鍛えても言いですが、直接射精に関わる筋肉ではありません。

早漏を改善するには射精に関わる筋肉を鍛えることになります。

最初のうちは効果が現れなかったり、鍛えるまでは時間がかかると思いますのでそういった場合は医薬品として認められている早漏改善薬を使いつつ、薬を使わないでも早漏改善が出来るようにトレーニングを行うようにしましょう。

医薬品として認められた早漏改善のセット薬を見る

PC筋とは

PC筋とは「Pubococcygeus muscle」 = 恥骨尾骨筋であり、おしっこを我慢したり、肛門を閉めるときに使われる筋肉で複数の筋肉(尿道括約筋・深会陰横筋・肛門挙筋・尾骨筋)をまとめて呼ばれていて、骨盤底筋とも呼ばれいます。

あくまでも普段は排尿を我慢する時に使われる筋肉ですが、射精を我慢する時にもこの筋肉が使われています。

どうしても我慢しても我慢しきれずに出てしまうという人はこのPC筋を鍛えることでより我慢が出来るわけです。

重たいものを持つ時も腕の筋肉をトレーニングすればより重たいものを持つことが出来るのと同じですからPC筋を鍛えるようにしましょう。

PC筋のトレーニング方法

①まずはじめに、ゆっくり肛門を締めていきます。
②締める秒数は3秒~6秒ぐらいとゆっくりとぎゅぅ~っと行うようにします。
③ゆっくりと締めたらら、今度は3秒~6秒キープします。
※BC筋も鍛える場合はこのときにペニスをピクピク動かします。
④その後、力を抜いてリラックスを3~6秒
この動作が1セットとします。
※BC筋について記事下に書いています。
1セット×3回行うのですが、セット間の休憩は30秒以内にしましょう。

PC筋は残念ながら大胸筋や腹筋や二の腕といったトレーニングをしたら目に見える成果となって出てくるわけではありません。

内側の筋肉ですのでどうしても地味ですし、鍛えづらい部分でもあります。さらに見た目も変わりません。

ですから大抵の人は途中で飽きてしまっています。

しかし、これを継続的に行っていき、慣れてきたら回数を増やして5回、10回と増やして息最終的には30回ぐらいを余裕でできるようになっていきます。

その時点であれば勃起力も断然違ってきますし、今まで我慢できなかったのが我慢できるようになります。

PC筋は鍛えても見た目では変わりません。しかし、セックスをしている時に自分で『おっ?』って思うはずです。

しかもこのPC筋を鍛えることで他の部分にも相乗効果となって現れてきます。

PC筋トレーニングは勃起力や勃起持続力、だけではなく、精子の量や、射精時の気持ち良さも、向上すると言われています。

早漏の人じゃなくても鍛えておきたい部位といえますね。

ジャンピングスクワット

PC筋のトレーニングについて調べていくと、かならず「スクワット」をしろ!という記事が載っていますが、普通のスクワットだけだとどうしてもPC筋にはそこまで作用しません。

まったく使わないということではないですが、効果としてはあまり鍛えられないと言えます。

大切なのは通常のスクワットではなくてジャンピングスクワットのほうが負荷が高まります。

そのためPC筋にも通常のスクワットよりも負荷がかかるということでジャンピングスクワットを推奨しています。

とはいえスクワット自体がとても健康に言いのです。下半身を総合的にトレーニングすることが出来るということで多くの人が推奨していますし、ED解消にも効果を発揮します。

一般のスクワットと動作は同じなんですが、しゃがんで立ち上がるときに少しだけジャンプします。
※高く飛びすぎるとひざに負荷がかかるので10cmぐらい浮かせるぐらいで大丈夫です。

着地時の足幅は肩幅より広めにして、足の裏全体で音を立てずにフワっと着地するように意識して行いましょう。



正しいスクワット法をまずはしっかりとマスターしてその後にジャンピングスクワットに移行するようにしましょう。

PC筋とあわせて行いたいBC筋とは

BC筋とは「Bulbocavernosus Muscle」=球海綿体筋と呼ばれるものでペニスの根元にある筋肉のことです。

ここの筋肉を鍛えることで勃起力や射精の勢いが高まるだけではなくて快感も強まると言われています。

何よりも勃起時の硬さがカチカチとなるということで非常に素晴らしい効果があり、男性ならばぜひとも鍛えておきたい箇所です。

海綿体に血液を送る「ポンプの働き」については、BC筋とPC筋の両方で行われていて特にBC筋は解明対を押し出す筋肉のためより勢いのある射精が可能です。

そんなBC筋を鍛えるトレーニングは基本的にはPC筋と同じで肛門を締めるのですが、それプラスペニスをピクピクと動かすことです。

勃起時ではないとハッキリと動かすことが出来ないかもしれませんが、通常時でも出来うる限りピクピクさせることが大事です。

肛門周りを鍛えつつペニスをピクピク動かすようにしましょう。

インナーマッスルのためどうしても効果が現れづらく鍛えづらいので3ヶ月以上のトレーニング必要ですが、早い人なら1週間、大体平均2週間ぐらいからやはり変わってきますので継続的に暇さえあれば行っておきたいトレーニング方法です。

またこのPC筋とBC筋のトレーニング方法は場所も時間も選びません。

通勤中だったり、休み時間中、お風呂場など色々な場所でトレーニングをしましょう。