シトルリンサプリのペニス増大効果は本当?正しい服用方法と注意点

シトルリンは、アミノ酸の一種で、1930年に日本でスイカから発見された成分で、スイカは90%が水分ですが、実はすごい物質が大量に含まれていてその中の1つスーパーアミノ酸と呼ばれているのがシルトリンです。

シルトリンは発見当時では医薬品として扱われていましたが、2007年ごろからサプリメントとしての食品素材として認められることになりましたが、それ以前に海外では使用されており、ペニス増大(精力アップ)、二日酔い帽子、筋力アップなどなど様々な目的で利用されていました。

ヨーロッパではシトルリン-リンゴ酸塩が疲労回復の医薬品として販売されており、最近ではシトルリンが血管を強くしなやかにすることで、私たちの健康に役立つことも研究結果から分かっているのです。

そんなまさにスーパーアミノ酸であるシトルリンですが、体の不要物を排出する尿(アンモニア)を生成する際に出来る成分で肝臓で作られます。

そんなシトルリンは短小のペニス増大に効果があると話題になっています。

様々なシトルリン配合のサプリメントも誕生しており、どれが一番いいのか分からないという意見や正しい服用方法を知りたいという人もいると思います。注意しなければいけない点もあるので紹介します。

シルトリンの効果

シルトリンの効果というのはそもそもどういったものがあるのでしょうか?

シルトリンは血管に作用すると言われていて血管にとって怖いのは動脈硬化です。

動脈硬化とは、血管が厚く硬くなり、内側が狭くなって詰まりやすくなった状態で自覚症状がないので突然脳血管疾患や心疾患などを引きおこす原因になります。

自覚症状がないですし、血管が詰まりやすくなるというのは今の時代はカロリーや脂質の高いものを食べてしまいがちのため今非常に危険視されているのが動脈硬化です。

内臓脂肪→高血圧・高脂血症・高血糖→動脈硬化という連鎖が引き起こす「メタボリックシンドローム」が注目されています。

血管は常に動き回らないといけない非常に大きな役割を担っています。その血管を広げて一酸化窒素の精製を高めて血管を広げる作用があるのがシトルリンなのです。

シルトリンが多い食べ物ではきゅうりやスイカをはじめとしたウリ科に多く含まれています。

またシルトリンには二つの種類が存在しており、「シルトリン」と『L-シルトリン』の二つがありますが、人の体で働くアミノ酸はL-アミノ酸だということを覚えておきましょう。

そのため、サプリメントなどで シトルリンを摂取したい場合はL-シトルリンと明記されているモノを選ぶことがポイントです。

L-シルトリンを摂取するとペニス増大になるのか?

L-シルトリンは全身の血流がよくなるだけではなくて体内でNO(一酸化窒素)という物質を作り出します。

この一酸化窒素には血管を広げて血流を増やす歯tら気があるのでL-シルトリンを摂取すると全身の血流がよくなるので当然陰茎海綿体にも血流が集まりやすくペニスも増大するのです。

特に男性は30歳を超えたあたりからNO(一酸化窒素)を作り出す力が衰えてきてしまいますのし、ストレスによってさらに減少していきます。

そうなればペニスもきちんと硬くならずに中折れだったり、満足な硬さを得られずにED(勃起不全)へとなってしまうのです。

L-シルトリンを摂取することで血流がよくなるので全身くまなく栄養素が行き渡りますよね。これによって疲れにくい体になるだけではなくて精力も増加してペニスが硬くなり、太く逞しくなり、ペニスも増大していくのです。

ペニスが血流が集まって勃起へと至るのであればL-シルトリンを服用することでペニス増大へと繋がって期待が出来るのです。

L-シルトリンの効果一覧

L-シルトリンのまとめと他にも期待される効能

・勃起力の回復
・ペニス増大
・中折れの予防
・疲労回復
・冷え性の予防
・むくみや肩こりの改善

L-シルトリンの効果的な飲み方と1日の摂取量の目安について

シルトリンは2007年に日本で医薬品からサプリメントとして食品扱いとなりましたが、それよりも前に世界中で服用が認められていました。

特に決まった時間で飲むというものではありませんが、服用するベストな時間帯というのが夕食後から就寝前に飲むのがいいとされています。

これは成長ホルモンは寝ているときに分泌されるためで、成長ホルモンの材料になるシルトリンを服用するのが効果的だと言えるでしょう。

シルトリンの1日の摂取量は約800mg~1875mと言われていますが、これをシルトリンが多いスイカで補おうと思ったらスイカ100gあたり、約180mgですので焼く450g~1kgで1日の摂取量となります。

毎日1kgもスイカを食べるとなると金額的にも高いですし、続けることは出来ませんよね。

ですからサプリメントで補うのが最も手っ取り早いのです。

L-シルトリンの過剰摂取による問題点

非常に優れた栄養素であるL-シトルリンですが、L-シトルリンを摂り過ぎた場合、体になにか影響はあるのか気になるところだと思いますが、摂りすぎてしまった分は分解されて体の外に排出されます。

頑張ってなるべく多く摂ってもいいですが、摂りすぎたものは体外へ排出されるのであまり意味がありません。

上限内で抑えておくのが一番でしょう。

過剰摂取をしたからといって健康被害に遭ったという報告もありませんので過剰摂取の心配はなさそうです。

L-シルトリンの副作用や安全性について

L-シルトリンは非常に素晴らしいスーパーアミノ酸であり、服用したほうがいいというのは分かったと思いますが、副作用や安全性について不安に思われるかもしれません。

しかし、特に問題となる副作用や問題点は報告されていません。

サプリメントとして認められているということは安全性も問題がないのです。

お勧めのペニス増大サプリ

L-シルトリンはスーパーアミノ酸ですのでそれだけを摂取しても十分ペニス増大に効果が期待できると言われていますが、やはり相乗効果をもたらすように他にもペニス増大に期待が出来るものが沢山入っているほうがより期待できますよね。

また色々なサプリが世の中にありすぎて何を選べばいいのか分からないという人の為にもここで紹介していきます。

GIMULOTα(ギムロットα)



※厳しい検査基準をクリア(検査機関の通過証明)し、1日に1560mgのL-シトルリンが摂取できる増大サプリで、日本国内製品の中でも業界1位の配合量になります。

他にもカプセルタイプで、トンカットアリや亜鉛やアルギニンも配合されていて多くの人が使用している販売実績13万個を突破したサプリメントです。

インディアン伝承の精力剤成分クラボワスカを4倍濃縮で配合しており、無駄な成分は入っておらず本当に必要な成分だけが配合されています。

男として自信が持てないとか恋人に小さいと思われたくないとか他人に見られるのが恥ずかしいといった悩みを持っている方におすすめです。

ペニス増大だけではなくてペニスが硬くなる作用もあると言われていて滋養強壮、精力増強で下半身を元気にしてくれます。

サイズプロウルトラ




サイズプロウルトラは男性の精力アップと性器(ペニス)の増大を可能にする天然サプリメントがふんだんに入っています。

L-アルギニンはもちろん、トリビュラス、ムイラプアマ、イカリソウ、ダミアナ、イチョウ葉エキス、サンザシ、人参、ノコギリヤシ、など100%天然の素材から作られていますので安全性も抜群です。

ペニスのサイズアップだけではなく早漏の防止や精巣内における精子の量が増えることで絶頂時の快感を増す効果もあると言われています。

バイアグラ・レビトラ・ザイデナなど、その他の精力剤との併用も可能です。

VITOX-α(ヴィトックスアルファ)




ヴィトックスアルファはペニス増大サプリとして絶大な知名度を誇っていると言っていいでしょう。

ネットでの売れ行きは3年連続1位を達成しているということもあり、どれを選んでいいのか迷ったらとりあえずヴィトックスアルファを注文をしとけば間違いなし!という声も多数上がっています。

販売個数は41万個を突破しており、非常に高い人気を誇っています。

そのヴィトックスアルファがさらなる進化をして主成分のシルトリンが従来版の2倍も配合されているだけではなくて様々な栄養素も100種類以上配合されています。

今まで長さや大きさに迷っていた人がヴィトックスアルファを試したところ最短5日で効果が現れ始めたという意見もあるほどです。

効果がしっかりと現れるまでは大体3ヶ月以上かかるものですので長期的な計画は必要ですが、利用すればするほど実感がわいてくるはずです。

悩んでいるのであれば業界1位の実績を持つヴィトックスアルファを試してみましょう。

ペニス増大アプリだけを服用すれば良い訳ではない

よく勘違いをしている人がいるのですが、ペニス増大サプリだけを服用しておけば確実に効果が現れるといったらそうではありません。

より確実性を持って大きく太く硬くしたいと思ったら日々の食生活を変えたり、チントレをしてサプリに頼らないようにすることも大切です。

詳しくは手術しないでペニス増大をするためにすべき方法はコレ!本気で大きくしたい人向けをご覧になって下さい。