育毛剤・発毛剤・発毛サプリって何が違うの?結局どれが一番髪が生えるの?

今は世の中に様々なタイプの髪が生えるための薬やサプリが沢山出回っていますよね。

インターネットや雑誌などでも『驚くべき効果を発揮!』とか『今まで様々な種類の薬を試してダメだったけどようやく生えた!』みたいな謳い文句で沢山の種類が出ていますよね。

使用した人のビフォーとアフターを紹介されていたりします。

色々な種類がありすぎてしまい使用者からしてみればどれを選べばいいのか分からないということで迷ってしまっている人も多いですよね。

種類が多すぎて選べないという人も多いと思います。

お勧めのまとめてセットの詳細をいち早く知りたい方はこちら

そもそも育毛剤と発毛剤、発毛サプリの違いって何なの?って思う人もいると思います。

確かに言われてみたら明確な違いって何だろう?って思ってしまいますよね。

それぞれの違いを明確にしてここではどれを利用するのが一番お勧めなのかを当サイトでは紹介していきたいと思います。

育毛剤・発毛剤・発毛サプリの違い

髪を育てるのであれば育毛剤

育毛剤というのはそもそも医薬部外品であるということです。

育毛剤には発毛促進効果、育毛効果、脱毛予防効果があると言われていて、育毛剤には「頭皮環境をよくして育毛を促す」ものとされています。

育毛剤の主な役割は、

今ある髪の毛を太くする

頭皮環境を防ぐことで抜け毛や髪の成長を促す

の二つです。

育毛剤とは今ある髪の毛を大事に太くするようにして抜け毛を防ぎ、今後も太い髪の毛が生えてくるようにするために効果があるものです。

そして先ほど述べた医薬部外品というのは医薬品と違って、一定の効果は認められられるものの有効成分の濃度は低めで治療目的ではなくてあくまでも防止に焦点を当てています。

たまに医薬部外品の育毛剤に当たるのに髪の毛が生えてくるといった表現をしているものは処罰の対象となるのです。

逆に医薬品は治療が目的のために明確に効能を表記することが出来ないなどの違いがあります。

話がそれてしまいましたが、育毛剤は今ある髪の毛を大切にね!っていう目的で使用すると覚えて起きましょう。

育毛剤を購入する場合

・ドラッグストアで購入

・ネットショップで購入

気軽に購入することが可能です。

髪を生やすならば発毛剤

育毛剤が今ある髪の毛を太く健康的にするというものに対して髪を生やす目的で作られたのが発毛剤になります。

M字ハゲやU字ハゲ、頭頂部ハゲなどもう髪の毛がなくなってしまった箇所をもう一度生やしたいという人には発毛剤がお勧めです。

男性だけではなくて女性にも脱毛症で悩んでいる人もいますよね。もう生えてこないところにもう一度生えて欲しいと願う人も多いでしょう。

発毛剤というのは医薬品であり、「発毛促進効果がある」と認められた成分が含有された「医薬品」です。

そして今現在発毛に効果があると正式に認められた成分は以下の通りです。

○ミノキシジル

○フィナステリド(プロペシア)

○キャピキシル

○デュタステリド

※他にも医薬品ではありませんが、ミノキシジルとプロペシアと似た効果がある実験で認めれて話題なのが

○ノコギリヤシ

○M-034

この2つは実際に商品化されていて多くの人が利用されています。

発毛剤を購入する場合

・薬局やドラッグストアで購入(薬剤師の相談が必要)

・クリニックで処方してもらう

・医薬品個人輸入代行サイトで専門的な手続きを行い購入する

説明を受けて了承してから購入することが可能です。

発毛剤には副作用が伴うことも

髪が生えるなんてまさに夢のよう!しかもしっかりとデータで認められているから信憑性も高い!と思うかもしれませんが、発毛剤は副作用がある!ということを覚えておきましょう。

良いことばかりではないということは頭に入れておきましょう。

副作用の例としては頭皮のトラブルが挙げられます。

  • 頭皮のかゆみ・かぶれ・・・頭皮に湿疹ができたり、フケが増えた。使用した部分が熱く火照るなどの症状があります。
  • 頭痛・めまい・胸の痛み・・・発毛剤の成分で有名なミノキシジルはそもそもが高血圧の経口薬として使用されていました。
    その後に発毛効果があったことが分かり使用されるようになったのですが、頭痛やめまい、動悸などの症状を感じる人もいるのです。
  • 肝臓・腎臓への負担・・・発毛剤が血液中に吸収された場合、腎臓で代謝されて、排出されるものですが、腎臓が健全でないとうまく排出されずに血中濃度が高くなるため副作用が出やすくなってしまいます。

副作用に不安がある人は使用するのを避けたほうがいいでしょう。

発毛剤を使用すると多くの人に大なり小なり副作用が現れると言われていますから一度発毛剤を試してみてから利用するかどうかを判断しましょう。

特に敏感肌やアレルギー体質の人はトラブルが起こりやすいです。

これまでに化粧品や薬剤で発疹などが出来た人、もしくはアレルギー体質な人は十分に気をつけてください。

それでも発毛剤を使いたいという人はノコギリヤシ・M-034といった医薬品として認められていないもののミノキシジルと同じ効果があると言われており、さらに副作用がほとんどなしと言われている発毛剤を試すことをお勧めします。

詳しくは>>>話題のノコギリヤシ・M-034とは一体何?髪が生えるって本当?をご覧下さい。

発毛サプリって本当に効果あるの?

薄げに悩んでいる人からしてみればなんとしてでも髪の毛を生やしたいと思いです。

その中で手軽に購入できるのが発毛サプリです。でもサプリって本当に効果があるのかな?って疑問に思われている人もいますよね。

発毛サプリは確かに成分的に薄毛や頭皮環境の改善に効果が期待出来るものが入っています。

成分表にも

・ノコギリヤシ

・亜鉛

・カプサイシン

・大豆イソフラボン

など髪の毛の育毛や発毛に効果がある成分が入っています。

手軽に購入できて値段も安いということで発毛剤や育毛剤を購入するよりかはお手ごろといったところでしょう。

しかし、やはり「サプリ」である以上は薬事法に定められている成分として確実に効果があるとは言いません。

どうしても医学的に発毛効果が認められたり、育毛に効果があるよりかは見劣りしてしまうのが現状です。また成分濃度も低いので即効性もなく長期的に使用し続けなくてはならずトータル的には料金的に見ると料金も決して安いとはいえないのが現状です。

とはいえサプリでは副作用がないというのがあります。

今まで発毛剤を試したけれどどうしても副作用が辛いという人もいるのでそういった人が服用する分にはいいかもしれませんが、やはり今は副作用がほとんどないといわれていて発毛剤と同じ効果が期待できると話題のノコギリヤシ・M-034といった医薬品を試したほうがいいです。

既に髪の毛が完全に抜け落ちている箇所にフサフサの毛を生やそうと考えたとき、サプリだけでは力不足が否めません。ほぼすっかり髪が抜けた状態は、医学的に認められたフィナステリド(プロベシア)やミノキシジルでも治療が難しい場合もあります。

サプリはあくまで補助的なものであり、やはり毛母細胞に直接働きかける治療薬を併用した方がいいでしょう。

発毛サプリを使うのであればまだ髪の毛が健康的なうちの予防で飲むぐらいのほうが適していると思います。

結果的に何が一番髪を生やすの?

育毛剤・発毛剤・発毛サプリそれぞれ違いや特徴が分かったところで最終的にどれを利用すれば髪の毛が生えるの?ということはもうお分かりだと思いますが、発毛剤が髪の毛を生やす上で利用すべき薬だということが分かると思います。

でも発毛剤に関しても色々な種類がありすぎてどれが言いの川からないという人もいます。

一番大事なことはトータルケアが必要なことです。

例えば健康な体にはビタミンやミネラルがいい!ということで過剰に摂取してしまったらいけません。何事も1つのことに特化してしまうのは危険なんです。

髪の毛の発毛もトータル的にシャンプーや頭皮環境を整えた上で発毛剤をしっかりと頭皮に当てるということが大切です。

まずは自分の中でこれだけ髪の毛に対してより良い環境を作っているんだという状況を作ることです。

髪の毛にとって最善なものをまとめて用意してあげましょう。

そのためにお勧めなのが『まとめてセット』です。


このまとめてセットには育毛・発毛にとって素晴らしい成果が期待できるものが入っています。

  • 発毛剤となるプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシア。(内服薬)
  • 髪の毛に直接育毛効果があると認められているミノキシジルが入っているツゲイン2%。(外用薬)
  • 髪の毛や頭皮環境を整えるデノンシャンプー2%ケトコナゾール。(シャンプー)

がまとめて入っています。

髪の毛の頭皮環境をトータル的にサポートをしてくれて非常にお得なのでお勧めです。

今ある髪の毛を太く健康的にして発毛効果のあるミノキシジルで発毛促進、そして髪の毛を健康にするシャンプーを使うことで髪の毛にとっていいことだらけです。

特に内服薬と外用薬を併用することで相乗効果があり、より髪の毛が生えやすい状況が作られます。

中途半端に髪の毛を気遣うのではなくて本気で髪の毛を生やして育毛したい人にお勧めです。

育毛・発毛まとめてセットを購入する方はこちら