ミノキシジルとプロペシアの違いって何?併用しても大丈夫なの?

ミノキシジルとプロペシアの違い

ミノキシジルとプロペシアというのは育毛・発毛界の中ではもはや救世主といったところでしょう。

今までは様々な商品が出てきましたが、それでも科学的根拠が無かったり、悪徳商品も多かったので髪の毛が生える・生えないというのが不確定であったためどれを信じていいのか分からないというのがありました。

しかし、きちんとした臨床データを下に発毛するという医学的データがあるこの二つの成分が世の中に誕生したことで多くの薄毛に悩む人を救ってきました。

でも初めて利用する人からしてみればミノキシジルとプロペシアどちらがいいのかなんて良く分からないですよね。

違いも良く分からないという人も多いのではないでしょうか?

ですからここでは今現状育毛・発毛にとって高い効果を得ると言われているミノキシジルとプロペシアのそれぞれの特徴や違いについて紹介していきます。

併用してはいけないものなのか?それとも併用したほうがいいのかもあわせて説明します。

ミノキシジルの特徴

ミノキシジルは国内でも効果が認められている発毛成分で、血行を促進させる効果があります。髪の毛というのは血液を通って栄養素が回っていきます。

血行が悪くなれば当然十分な栄養がいかないので髪の毛は弱ってしまいますよね。

頭皮の血液というのは細い毛細血管となっていますのでストレスを感じるとより細くなってしまいますし、普段から不摂生な食事や生活を送っていれば血流もどんどん悪くなるのです。

血行の流れを良くしてしっかりと髪の毛に栄養を届ける働きをかけるのがミノキシジルなんです。

日本でも有名なミノキシジル配合の商品はリアップ等が有名ですよね。

もちろん髪の毛の血行を浴するだけではなくて、さらにミノキシジルは髪の毛の生成や成長を促す細胞を活性化させることで髪の毛にとってとても大事なヘアサイクルに働きかけます。

ヘアサイクルというのは髪の毛が成長し、抜けていく周期のことを言うのですが、ヘアサイクルは三つの段階に分かれています。

  • 髪が成長する成長期(2~6年)
  • 成長が鈍くなる退行期(2週間)
  • 成長が止まり抜け落ちるのを待つ休止期(3~4ヶ月)

髪の毛1本の一生みたいな形ですが、このヘアサイクルが乱れていると成長があまりされないまま退行期を迎えてしまい休止期が長くなってしまうのです。

本来もっと髪の毛は太く長く成長するはずが途中で成長を止めてしまうことになります。

そうなれば当然髪の毛が十分成長しないヘアサイクルとなるので薄毛となってしまうのです。

ミノキシジルはヘアサイクルを改善させてくれて、発毛を促進する効果があるのです。

ミノキシジル配合で有名なリアップを販売している大正製薬ではおよそ98%の人に少なからず効果が現れたという臨床データもあるのです。

また大体被験者や口コミの情報をまとめると4ヶ月から6ヶ月から変化が現れるという人が多いです。

頭皮に塗布するタイプと内服するタイプがあり、外用剤のほうはドラッグストアでも簡単に購入できる商品があるほどメジャーなものとなっています。

内服のほうはまだ認可されていないので医薬品個人輸入代行サイトを利用して手に入れることが一般的ですが、内服のほうがより効果を求める場合のステップアップとして使われることが多いです。

しかし、内服のほうは肝臓に負担がかかりますし、全身の体毛が増加したり、倦怠感、頭皮の痒みなどの副作用も強くなってしまいますし、アレルギー症状のリスクもあるのでいきなり内服薬から試すのではなくて外用薬を使って効果が認められないと思ったときに使用するようにしたほうがいいです。

プロペシアの特徴

有効成分フィナステリドが配合された、服用するタイプの育毛剤として話題で、プロペシアは非常に知名度の高い育毛剤ですよね。

AGAを発症する最大の原因と言われている男性ホルモンが変換されたDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制してくれます。

ハゲや薄毛の原因となるそのものに働きかけることによってAGAの進行を食い止める役割があります。

しかし、男性は副作用が大きく勃起不全や性欲の低下、肝臓への負担、人によっては精子濃度の減少による男性不妊も考えられます。使用する際は必ず医者からよく説明を受けて使うか使わないかの判断をした方がいいです。

アレルギー症状によって痒みなどが起こることもあります。

副作用はミノキシジルよりも深刻な副作用となります。

併用しても大丈夫なのか?

薄毛が気になって育毛や発毛を気にする人からしてみればこの代表的なミノキシジルとフィンペシアの両方を使えばより薄毛が改善されるのではないかって誰もが思うと思います。

しかし、両方とも一緒に併用しても大丈夫なのかって思うかもしれませんが、結論から言えば大丈夫です。

ミノキシジルとフィンペシアを併用したからといって効果を高めあうというわけではありませんがそれぞれ髪の毛にいい結果を生むのです。

なぜならばミノキシジルとフィンペシアは異なる作用を働きかけるからです。

それぞれ別々の効果をそれぞれ得られるというメリットがあります。

本気で薄毛を無くそうと思ったら併用することに越したことありません。

併用することでのデメリット

併用しても問題ないミノキシジルとフィンペシアですが、それぞれ副作用があります。

デメリットとしてはミノキシジルとフィンペシアどちらも肝臓に負担がかかります。

肝臓への負担が強くなってしまうと脂肪肝や腫瘍の原因にもなるかもしれません。

元々健康診断などで肝臓が弱いとかお酒を沢山飲んでいて肝臓に負担がかかっているなど普段から肝臓を酷使している人や治療中と言う人にはお勧めできません。

無理して大丈夫だろうと思って使ってしまうと後々になって後悔をしてしまったという人もいます。

費用をなるべく抑えて最大の効果を得たい人におすすめの商品

ミノキシジルとフィンペシアの併用についてのメリットデメリットが分かった上で発毛に効果的な商品を購入したいという人はやはりおすすめなのが海外で高い実績を得ているジェネリック医薬品がお勧めです。

海外の医薬品は非常に進んでいてジェネリック医薬品も多数販売されています。

髪に関する頭皮環境を整えた上で薬を使用するのが一番最適なので頭皮環境を綺麗に整えられるシャンプーとフィンペシアの内服薬とミノキシジル外用薬がセットで
購入できる商品があります。

まさに薄毛に関する最強パックと言えるでしょう。

育毛・発毛まとめてセットを購入する方はこちら