育毛は食事で変わる!?髪の毛に重要な栄養素と食品

育毛にとっての第一歩は食事からです。

どんなに素晴らしい育毛シャンプーや育毛剤を使っても結局体の内側を改善しないことにはいい成果となって現れないものです。

あまり食事を重要視していない人がいますが、実は育毛と食べ物には密接な関係があります。

ここでは薄毛に役立つと言われている栄養素や食べ物を紹介していきたいと思います。

髪の毛にとって重要な3大栄養素とは

髪の毛にとってとても重要な3大栄養素

  • たんぱく質(アミノ酸)
  • ミネラル
  • ビタミン群

とても重要なことですのでしっかりと覚えて置くようにしましょう。

この3大栄養素がどんな働きを見せるのかを紹介します。

たんぱく質(アミノ酸)

髪の毛の大部分はケラチンと呼ばれるたんぱく質の一種から作られています。

摂取したたんぱく質は体内でアミノ酸に一度分解されて、再合成されて生まれてくるのが、ケラチンなんです。

たんぱく質が不足してしまうと髪の毛の主成分であるケラチンも不足してしまい、結果として髪の毛が細くなったり、抜けやすくなってしまうのです。

男性の場合はさらにたんぱく質には筋肉を作る上での重要な役割を担っています。

男性は特にたんぱく質を積極的に摂っていきたい栄養素と言えるでしょう。

その中でお勧めしたいのが肉と大豆です。

肉はたんぱく質が豊富に含まれており、手軽に大量に摂取することが出来ます。満腹感も増しますし、今は糖質制限などのダイエットなどがブームとなっているのでコンビニやスーパーなどでも簡単に手に入れることが出来ます。

そしてどうせ摂るのであれば髪の毛に良いとされているたんぱく質を摂りたいですよね。

大豆は畑の「お肉」とも呼ばれており、栄養価が非常に高いです。

味噌や豆腐、納豆といった保存がききますし、日本人のソールフードとして毎日でも食べられるものですよね。

お肉の場合、脂質も高いのでどうしても脂の摂り過ぎになってしまう人もいます。大豆でしたら、栄養の吸収率もいいので優秀な食材と言えるでしょう。

また大豆にはイソフラボンと呼ばれる女性ホルモンと似た働きを持つ成分があり、女性ホルモンに似た影響を与えることによって男性ホルモンが過剰に分泌することを防ぐ役割があります。

ホルモンバランスを調整してくれる役割もあるのでかなり優れたものといえます。

豆腐や納豆は健康にもいいですし、納豆には臭いを抑えてくれるとも言われています。

積極的に取り入れたいところです。

正し、納豆にはプリン体が多く含まれる食材でもありますので摂り過ぎに注意するようにしましょう。

ミネラル

ミネラルというのは体中にある様々な酵素を活性化させる働きがあります。

簡単に言うとミネラルは他の栄養素に対してがんばれ!って応援をしてくれる役割があると思ってください。

そんなミネラルの中で重要なのが亜鉛ですよね。

アミノ酸に分解されたたんぱく質を、髪の毛の元となるケラチンへと再合成するために不可欠な栄養素なんです。

どれだけ髪の毛を構成するケラチンを摂っていても亜鉛を摂取しなければケラチンへと再合成されないのです。

そうなると薄毛対策には意味をなさないのです。

現代人は特に亜鉛不足と言われているほどです。

亜鉛が含まれている食べ物の代表といえば牡蠣レバーです。

好き嫌いが多いかもしれませんが、積極的に摂るようにしましょう。

ミネラルが多く含まれているものとしてワカメなどの海藻類がお勧めです。

昔からワカメを多く摂ると育毛や発毛にいい!なんていうことが良く言われていましたが、ワカメ自体に発毛や髪の毛にいいというものではありません。

育毛剤などに使われているからワカメが良いという噂がありましたが、あくまでも塗ることで保湿や細胞活性する作用が分かってきたからであり、沢山食べたら髪の毛が生えるというわけではありません

しかし、ワカメにはミネラルが豊富に含まれています。また亜鉛や必須アミノ酸なども豊富に含まれているので食べることは推奨されます。

ミネラルがあることで、栄養を効率よく吸収してくれることに役立ててくれるのでお勧めできます。

お腹も満たされやすく安いので簡単に手に入りやすいですよね。

ビタミン

ハゲたくなかったらビタミンを摂れ!なんて聞いたことがあるかもしれません。

それはビタミンは頭皮や髪にとって重要な栄養素の1つだからです。

その中で特に摂取をしておきたいのが

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンE

の三つになります。

ビタミンAは頭皮を健康に保つ役割があります。

人間は体調を崩すと弱ってしまいますよね。ビタミンAが不足をしてしまっているとずっと体調が崩れているようなものです。

それを補ってくれているのがビタミンAです。

ビタミンAが豊富な食材としてサラダがあります。かぼちゃやにんじん、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。

特にブロッコリーは豊富な栄養をバランスよく含んでいます。とはいえこの食材を生で食べましょうといわれても困りますよね。

湯でるよりも油などでいためたほうが栄養素は逃げ出さないので油でいためて調理をしましょう。

とはいってもそこまで過敏にならずに毎日ある程度は野菜を食べていけば欠乏することはないので少しでもいいので野菜を食べるようにしましょう。

ビタミンの中で特に注目をして欲しいのがビタミンB群です。

ビタミンB群には摂取したたんぱく質をアミノ酸に分解する働きがあります。

先ほどの説明どおり、たんぱく質を摂取したらアミノ酸に分解されて再合成されてケラチンになりますが、再合成されなかったらケラチンは生まれません。

たんぱく質がアミノ酸に分解する働きを担っているのがビタミンB群なのでとても重要な役割を担っているのです。

他にも新陳代謝を高める役割があり頭皮の環境を整える働きにも期待が出来るとあって髪の毛にとって非常に重要な役割を担っているといっていいでしょう。

ビタミンB群には様々な種類がありますが、その中で取り入れたいのがビタミンB6です。

ビタミンB6が豊富に含まれている食材としては青魚と言われるマグロやカツオ、アジ、さば、いわしなどがあります。

青魚には非常にたんぱく質の質もよく大豆などにもまけない消化のいい食材となります。

日本人は昔、魚でたんぱく質を摂っていました。それにあわせて良質なビタミンB6が摂れると言うことで育毛にとって欠かせない食材と言えるかもしれません。

肉中心の食生活だった人は育毛をしようと思ったら魚中心の食生活にしてみてもいいかもしれません。

日本人は古くから朝はご飯と海苔と卵、魚、味噌汁といったものが定番の朝ご飯でした。自然と体や育毛にとって素晴らしい食事をしていたのです。

そしてビタミンEには血行促進作用があります。

これによって血流にのってスムーズに栄養が届くようになります。

どれだけ素晴らしい栄養を取り入れてもその栄養がうまく髪の毛まで運ばれていかなかったら意味がありませんよね。

頭皮にまできちんと栄養を運んでくれる役割を担っているのがビタミンEなのです。

そして血液をサラサラにしてくれる食材といえばニンニク・ニラ・玉ねぎなどがあります。

これらの食材にはアリシンという物質が含まれていて血栓(血の塊)を分解して血流を良くしてくれる働きがあります。

とはいえニンニクの臭いが気になって積極的に摂るのは難しいという人は玉ねぎを食べるようにしましょう。アリシンも熱に弱いのでサラダや油で炒めて取り入れるようにしましょう。

頭皮の血管は細い毛細血管で出来ていますので細部にまで血液がいくようにしないといけません。

積極的に取り入れておきたい髪の毛にとって重要な役割を担う栄養素でもあります。

最新研究でわさびに発毛以降網効果がある!?

最新の研究でわさびに育毛効果があるのではないか?という期待が持たれて注目を浴びています。

というのは発毛効果にいいされている成分ミノキシジルと同様に毛乳頭細胞を活性化させ、毛母細胞
が分裂することを促すため以降猛火が期待できる可能性が示唆されました。

わさびには二つの成分が含まれています。

○イソサポナリン

○6-MSTC

この二つの成分が毛乳頭細胞を活性化させる働きがあることが確認されました。

毛乳頭細胞を活性化させることが、発毛を促すことに繋がると言われていました。

とはいえまだ細胞レベルでの話であり、人の頭部での検証実験は行われていません。また現時点で髪の毛に対して発毛効果があるのかどうかは断定は出来ない段階です。

ですから今からわさびチューブを買い占めようと思っても意味がありませんし、頭皮に塗ろうなどしないようにしてください。

また残念なことに一般的なチューブわさびには本わさびがほとんど使用されていないので買い占めようとしても意味が無いのです。

さらに食用わさびには絡み成分が含まれているので育毛どころか刺激物となって皮膚にダメージを与えてしまいます。

育毛どころか逆にハゲを促進させてしまう可能性があるのでしっかりとした実験結果が出て育毛に有効な手段が確立されるまで先走らないようにしましょう。

育毛にいい食事例

体にいい栄養素は分かったけれど具体的にどのような食事を摂ればいいのか分からないという人もいると思いますので説明をしていきましょう。

毎日同じものを摂っていたら飽きてしまいますから育毛にいい食事例を21選、つまり、1週間分を記載します。

これをローテーションしていけばいいわけです。

またお金をなるべく抑えた低予算の料理を紹介していきます。

1日目の食事

朝食: 納豆 焼き魚 ブロッコリーとツナのサラダ ワカメと豆腐の味噌汁

昼食: ほうれん草たっぷりのクリームパスタ ブロッコリーとツナのサラダ

夜食: 鯖の味噌煮 たまねぎのソテー ワカメと豆腐の味噌汁 ブロッコリーとツナのサラダ

2日目の食事

朝食: ピーマンとトマトのサラダ 納豆 豆腐とキムチの冷奴 たまねぎの味噌汁

昼食: ブロッコリーのグラタン ピーマンとトマトのサラダ

夜食: 牛肉とニラのニンニク炒め ピーマンとトマトのサラダ たまねぎの味噌汁 

3日目の食事

朝食: メカブ 海苔  スライスオニオンと鰹節のサラダ 納豆の味噌汁

昼食: 親子丼 スライスオニオンと鰹節のサラダ

夜食: ピーマンと鶏肉とトマトのオムライス スライスオニオンと鰹節のサラダ 納豆の味噌汁

4日目の食事

朝食: 半熟卵とブロッコリーのアボカドサラダ 納豆 海苔 冷奴 唐辛子と豆腐の味噌汁

昼食: 野菜たっぷりのスープカレー 半熟卵とブロッコリーのアボカドサラダ

夜食: レバニラ炒め  半熟卵とブロッコリーのアボカドサラダ 唐辛子と豆腐の味噌汁

5日目の食事

朝食: ショウガ香るシソササミ 納豆 海苔 卵とたまねぎの味噌汁 ほうれん草のおひたし

昼食: ほうれん草のおひたし

夜食: ニラ玉 唐辛子と豆腐の味噌汁 ショウガ香るシソササミ 卵とたまねぎの味噌汁 ほうれん草のおひたし

6日目の食事

朝食: もやしと卵の炒め物  納豆 かぼちゃと玉ねぎ味噌汁 トマトとブロッコリーのサラダ

昼食: 豚肉のピリ辛豚ドン トマトとブロッコリーのサラダ

夜食: 牡蠣のオイスターソース炒め かぼちゃと玉ねぎ味噌汁 トマトとブロッコリーのサラダ

7日目の食事

朝食: 豚汁 海苔 納豆 鮭 目玉焼き

昼食: 牛肉たっぷりの釜玉うどん

夜食: 海鮮ばくだん丼 卵とトマトの中華炒め 豚汁

1週間のレシピを例にして出しましたが、これしか食べてはいけないというわけではありません。もちろん色々と代用してもいいです。

他にも体にいいレシピは沢山ありますので是非とも色々と探してみてください。

育毛は食事で変わる!?髪の毛に重要な栄養素と食品のまとめ

育毛と考えるとすぐにでもシャンプーや薬に目が行きすぎですが、大切なのは体の内側から変えていく必要があります。

食生活を見直しつつシャンプーや薬へ目を向けていくことで相乗効果が生まれるのです。