即効性があり1錠は常に携帯したい第2世代のED治療薬レビトラ

レビトラ20mg × 1箱を通販で購入
4錠 5,880円(1錠 1,470円)

レビトラは世界で初めてED治療薬として発売されたバイアグラの次に発売されたED治療薬として注目が高まってきました。

発売先も先進医療国のドイツの有名なバイエルヘルスケア社から2003年に発売されるとあって発売前から話題になりました。

日本では2004年の6月に正式に認可されています。これまでに世界100ヶ国、1000万人以上が愛用しているほど人気の商品です。

レビトラの意味はラテン語のle=男性定冠詞と生命を表す「vitra」を組み合わせたもので男性の生命を表します。

またパッケージの炎をモチーフとしてデザインはまさにすぐに炎がつくというレビトラの特徴を示しています。

レビトラの特徴は何と言っても服用してからすぐに効果が現れると言う即効性です。

空腹時での服用で最短15分から効果を発揮するものです。平均30分から効果を発揮するその効き目の速さに特徴です。

また即効性だけではなくてレビトラは10mg錠で4時間~6時間、20mg錠で8時間~最大10時間もの効果が持続してバイアグラの約2倍ほどの持続時間がありますので性行為をするには十分な時間があります。

即効性があり、持続時間も十分なわけですから例えば付き合いたてのカップルでまだ性行為をするかどうか微妙な関係性でいる場合、急なベッドインになったとしてもレビトラがあればホテルに入ってからでも十分間に合いますよね。

最速15分で効果を実感することが出来ますし、平均でも30分ほどでも間に合うわけです。先に相手をお風呂に入ってもらってその間に薬を服用してその後に自分もシャワーを浴びれば十分性行為をする事が出来ると思います。

是非とも常に1本は携帯しておきたいED治療薬と言えるでしょう。

レビトラの主成分バルデナフィル

なぜバイアグラと違って即効性があるのか?というとレビトラの主成分であるバルデナフィル水和物は水溶性で溶けやすい性質を持っているため成分が胃の中に吸収されるのが早いのです。

レビトラもバイアグラと同様に【5mg、10mg、20mg】の3つの規格から発売されています。

病院でもレビトラは処方されていますが、5mgに関しては病院でも滅多に処方されません。主成分となるバルデナフィルの含有量が少ないためです。

大体は最初に10mg錠を処方されることが多いです。そこで効き目が無かったら20mg錠を渡されると思います。20mg錠ならば主成分のバルデナフィルが2倍も入っているわけですからまず効果は発揮されるはずです。

10mg錠でもしっかりと空腹時に服用すれば効果は発揮しますが、10mg錠で効果はあっても次回からは病院で処方される時は20mg錠をお願いしましょう。

10mg錠で効果があるのにどうして?って思うかもしれませんが、20mg錠を半分に割って服用すれば半分の値段で服用することが出来ると言うわけです。

医薬品個人輸入代行サイトを利用すればまとめて購入すれば割引も適用されてさらにお得になります。

レビトラ1錠分の値段は決して安いものではありません。だいたい1,500円~2,000円はしますから少しでも値段を抑えるためには工夫をしましょう。

レビトラもバイアグラと同様の副作用があります。

頭痛やめまい、目の充血、顔の紅潮があります。特に目の充血と顔の紅潮はほとんどの人に起こりますが薬が効いてきた合図だと思ってあまり気にしないえも大丈夫です。

頭痛なども比較的起こりやすい副作用であまりにも頭痛が気になって性行為に集中できないと言う人は鎮痛剤と一緒に服用しても大丈夫ですので同時に併用すれば同じぐらいに効いて来ますので無理して耐えることはせずに併用して服用するようにしましょう。

どんなシーンにも対応をしてくれるレビトラですが、食事をしてしまうと効果がガクンと減ってしまいます。

薬の効果は受けづらいと書かれているサイトもあり、基本的に700kcal未満で脂質が30%以内であれば効果に影響はないと言う人もいますが、それでも効果は受けると思いますし、利用者の口コミでも空腹時の方が効果は発揮されやすいと言う意見が大半です。

パートナーとデートに行く際には食べるとしても低カロリーで低脂質なものをつまむ程度にしてなるべく軽食で済ませるようにしましょう。

レビトラの偽物に注意

即効性があり、いつでもどんなシーンでも対応できてバイアグラの次に誕生されたED治療薬ですので知名度も高いです。

そのため偽物も多く出回っているので気をつけなくてはいけません。

錠剤の後ろに容量の刻印が無かったり、100mg錠などの本来無い含有量の配合されていたり、刻印の形が違ったりしますのでしっかりと確認してください。

レビトラのジェネリック医薬品

ED治療薬でレビトラ保険が適用されないので決して安い薬ではありません。

なるべく費用を抑えたいという人も少なくないはずです。

そんな時はジェネリック医薬品を購入すれば良いのです。とはいえレビトラの特許はまだ切れていません。

ですから病院ではジェネリック医薬品は処方してもらえないのですが医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば海外からの取り寄せる形になり、インド国においては特許が違うのでジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

ビリトラ20mg錠を通販で購入する