レビトラのジェネリックが無くなるって噂は本当?

レビトラと言えばバイアグラの次にドイツのバイエル社から発売されたED治療薬として非常に有名ですよね。

即効性があり1錠は常に携帯をしておきたいED治療薬と言えます。

詳しいことは即効性があり1錠は常に携帯したい第2世代のED治療薬レビトラをご覧になってください。

非常に便利で使い勝手の良いレビトラですが、残念ながらレビトラの特許が切れていないので日本ではレビトラのジェネリック医薬品と言うものが発売されていません。

レビトラを試してみたいけれど金銭的に負担がかかるからなぁ~とかレビトラは自分と相性がいいから継続して使っていきたいけれどどうしてもコスト面で慎重になってしまうと言う人もいると思います。

しかし、それはあくまでも日本国内だけの話なんです。

世界に目を向けてみると海外ではレビトラのジェネリック医薬品が製造されて販売されています。

どこで発売されているのかと言うとそれはジェネリック大国インドです。

何でインドだけは許されているのかと言うとインドでは特許の仕組みが違うからです。

医薬品の特許にはさまざまな種類がありますが、大きく分けて「製造特許」と「物質特許」があります。

製法特許とは・・・製品を製造する過程で独自に考案した製造方法について取得する特許
物質特許とは・・・医薬、化学物質に対して取得される特許

難しい話だと思いますが、この二つの特許が切れていないとジェネリック医薬品は作ってはいけません。

しかし、ジェネリック大国であるインドでは、基本的に物質特許的に認められていません。

インドでは特許法に違いがあってそもそも医薬品に特許はないというのがインドの考えのようです。

2005年からは特許が変わって画期的な薬に対しては特許が認められるのですが、ただ化学構造を変えただけと判定した薬には認めてもらえません。実質的にインドでの特許が認められることは非常に困難と言わざるを得ないでしょう。

このような理由から、インドにおいてはジェネリック医薬品が存在し、インド製のジェネリック品の数も必然的に多くなっていくのです。

これでは新薬を開発する意欲が失われてしまうと何度もインドと製薬会社が裁判で争っているのが現状です。

欧米諸国の製薬会社は批判して対抗措置をとっていますが、そうすることで貧困国での医療だったり、国境無き医師団はインドのジェネリック大国を使っていてそれによってかなりのコストが減っているのが現状であり、複雑な社会となっています。

それもインドでのジェネリック医薬品においてはかなり品質が良く製造技術を持っていて効果が同等であることが認められているからこそ他の国から批判が上がっているのです。

そしてレビトラも同じようにジェネリック医薬品が作られています。

実際に購入して服用する側からしてみれば同等の効果が認められている薬がかなりリーズナブルに購入できるとあって非常に人気が高いです。

特に有名なのがバリフですね。

インドのアジャンタファーマ社で製造されていて世界中に2500人以上もの従業員がいて世界5つの工場で医薬品が作られていて25ヶ国で販売されています。

2000年には上場企業も果たしているので会社としての信用度は非常に高いです。

レビトラ1錠あたりの金額は1500円前後でレビトラジェネリックの場合まとめて購入する割引が適用されてだいたい1錠あたり140円で購入することが出来ます。

ペットボトル1本分と同等で購入することが出来て値段も約10分の1まで下がっています。

レビトラを購入するのが中々難しいと言う人は絶対に購入しておくべきジェネリック医薬品です。

今現在販売されているものしかなくなってしまう

レビトラのジェネリック医薬品がこれから先出回らなくなるかもしれないという噂を聞いたことがあるかもしれませんが、これは事実です。

レビトラジェネリック販売中止・製造中止というのが決定されたからです。

大手医薬品個人輸入代行サイトではところどころレビトラジェネリックの医薬品が販売中止になっていたり、シートで売っていたりするところも増えてきています。

なんで製造販売が中止になったの?ということですが、これは開発もとのバイエル社との長きに渡った裁判によってレビトラジェネリックの販売と製造の中止を求めてついにバイエル社の主張が認められてインドの裁判所で認められてレビトラジェネリックフの有効成分のシルデナフィルを含む製造停止が決定したのです。

バイエル社は開発の有効成分シルデナフィル自体に特許を設けたのです。

これによってインドではレビトラの製造の中止が下されたのです。とはいえ販売は許可されているので今現状在庫として持っている分は販売をしても良いと言うことになったので現状バリフやビリトラが今後ある分だけ販売されるのです。

レビトラジェネリックの値段が高騰する可能性も

レビトラジェネリック医薬品はどんどん少なくなってきています。これによって何が起こるのかというと需要と供給が今までだったら成り立っていたのが今後供給が無くなっていくわけですから値段はどんどん上がっていきますよね。

ですから今のうちに買っておかないと今までのような低価格では購入できなくなってしまうと言うことが予想されますのでなるべくまとめて購入しておくことをお勧めします。

レビトラの物質特許は1998年に出願されて日本での特許満了がとなるのが2018年10月です。

来年には特許が切れます。

今現在2017年の10月です。これから完全に在庫がなくなるのに約1年で世界中でレビトラジェネリック医薬品が全てなくなると言うことは考えられません。

日本でもレビトラジェネリックは作られることは間違いないでしょうから裁判でバイエル社の主張が通ったとしてもレビトラジェネリック医薬品は再び世の中に出回ることは予想されます。

新しいレビトラジェネリック医薬品が誕生することは容易に考えられますのでその薬が誕生するのはまだ先の話ですのでまずは今確実にあるバリフビリトラを購入しておきましょう。

そしてレビトラジェネリック医薬品の数が減ってきたら必ず偽物の薬が多く出回ることも予想されます。

そういったリスクも含めて購入しておくのです。

バリフの正規品を通販で購入する