今話題のジェネリック医薬品ってなに?

ジェネリック医薬品と言う名前は多くの人に知られていることと思います。

何となくジェネリックの名前は知っていても詳しく知らないと言う人もいればジェネリック医薬品は効果がないという噂が流れていたり、誤った認識をしている人も少なくありません。

これからの医薬品業界と言うのはジェネリック医薬品が必ず主流になっていきますので紹介していきたいと思います。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品というのは日本独自の言葉ではなくて世界共通の言葉でもあります。そのため海外でもジェネリックドラッグプリーズと言えばジェネリックを処方してもらえます。

世界共通の言葉でもあるジェネリック医薬品ですが、よく間違った認識をしている人がいます。

薬の消費期限が切れた薬のことをジェネリック医薬品と考えている人がいますが間違いです。

“薬の特許が切れたものをジェネリック医薬品”と言いますので間違えないようにしましょう。

製薬会社が新しい薬を開発して特許を取ると20年~25年の間独占的に販売・製造をする事が可能です。

その特許が切れたら他の会社も厳しい基準をクリアして同じ効果を発揮すると認められたもののみ製造・販売をすることが可能です。

そもそも新薬の開発には莫大や予算と時間がかかるものです。

開発までにおよそ9年から17年かかると言われていて開発コストに関しては100億円近くかかることも珍しくないと言われているほど長期的となります。

それに比べてジェネリック医薬品と言うのは開発コストは新薬と比べると10分の1程度の予算で開発できると言われており、開発期間も3年~5年で済むので新薬と比べて安く開発が出来るのです。

しかし、注目して欲しいのがジェネリック医薬品でも発売までに3年~5年もの開発期間を要するという点です。

日本の医薬品と言うのは世界でもトップクラスの厳しい基準を設けており、わざわざ海外から日本の医薬品を購入しようとしてくる外国の方も大勢います。

日本の医療基準は世界でもトップクラスと厳しい基準となっているのです。

具体的にどんな基準をクリアしてなくてはいけないのかと言うと大きく分けて【溶出試験・安全性試験・生物学的同等性試験】の3つをクリアしなくてはいけません。

溶出試験とは・・・
【 酸性やアルカリ性で新薬とジェネリック医薬品の溶け方が同等かの試験 】

安全性試験とは・・・
【 品質を厳しく管理するための「品質再評価」の試験 】

生物学的同等性試験とは・・・
【 体循環血中に入る薬物の速度や量、吸収する薬物量と薬物濃度の同等かの試験 】

これらをクリアして初めて販売が許可されるのです。よくジェネリック医薬品は効かないなんていう人が居ますが、それは大きな間違いです。

これだけの厳しい試験をクリアして世の中で販売されているわけです。特に日本は海外からの信用度も高いほどの安全性を誇ります。

効かないと言うのはジェネリックだからというプラシーボ効果、つまり思い込みに寄るところが大きい、もしくはその人の体質に合っていないか誤った服用方法をしてしまったからだと言えるでしょう。

同等の効果が認められない限り販売することは許可されないと言う基準がある以上は効かないということは考えづらいです。

海外のジェネリック医薬品を利用しよう

ジェネリック医薬品と言うのは日本だけではなくて世界共通語ですよね。

そのため当然ながら海外でもジェネリック医薬品と言うのは発売されています。

そこで注目をして欲しい国があります。それはジェネリック大国と言われているインドです。

インドにおいては他国との特許法に違いがあるため、正規特許がまだ切れていない薬のジェネリック品が製造出来てしまいます。

医薬品の特許に関しては主に二つ「物質特許」と「製法特許」があります。

物質特許は化学物質(成分)に対する特許であり、製法特許は医薬品の製造における過程の特許です。

インドの特許法においては医薬品特許のうち物質特許を認めていません。

物質特許を認めず、製法特許のみを認めているということは、新薬と同じ成分を用いても異なる製法にて製造をすれば、それは別の医薬品として扱われるということになります。

※これは世界中で批判を受けており、裁判にもなっていることが多いですが現状ではインドではこのスタイルを変えていません。

ちなみに日本においても昔は製法特許が主流となっており、同じ化学物質を利用しても製法が異なれば後発医薬品を製造できていた時代がありましたが、やはりこれでは製薬会社が開発するメリットがないということ、新薬探求意欲も失われてしまい、このままでは日本の医療技術が他の国よりも劣ってしまうと考え1976年に物質特許が守られるようになったのです。

とはいえ服用する側としては同等の効果を安く手に入れることが出来るということでは助かりますよね。

特に保険適用外のED治療薬ともなれば1錠あたりの値段も1,500円~2,000円もかかってしまうので決して安くはありません。

それがインドから製造・発売されているEDのジェネリック医薬品ならばまとめて購入すれば値段も半分以下は当たり前の値段になります。

これだけの違いがあるからこそ海外のジェネリック医薬品を購入することをお勧めします。

偽物に注意しよう

海外から医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば安く簡単に最新の医薬品のジェネリック医薬品が手に入ります。

しかし、気をつけなければいけないのがインターネット上で取引されている実に54%が偽物です。

病院で処方されるものは直接メーカーから仕入れているため正規品であることは変わりませんので病院の医者からは通販で購入しないようにしましょうと言ってくる医者も多いです。

確かに半分以上が偽物ならば利用しないほうがいいかもしれませんが、それだと最新のジェネリック医薬品は手に入れることが出来ません。ED治療薬のジェネリック医薬品が病院で処方されるのはバイアグラのジェネリック医薬品のみです。

そうなれば安く手に入れることが出来るのがバイアグラのジェネリック医薬品だとどうしても他のED治療薬は選択しないですよね。

バイアグラ以外のジェネリック医薬品がいつごろ病院で処方されるかはまだ見通しが立っていないのでまだまだ病院から処方されるのは先です。

医薬品個人輸入代行サイトを使えばすぐにでも試すことが出来ます。もちろんED治療薬だけではなくて男の悩みとなる育毛や早漏改善に効果があり、日本では処方されていないジェネリック医薬品が簡単に手に入れることが出来るのです。

逆に偽物を売りつけるような悪徳サイトにさえ気をつければ正規品が手軽に手に入ると言うことでもあります。

十分にしっかりとサイトを選ぶようにしましょう。