ネット上の薬に注意!偽物と本物の薬の見分け方

病院でED治療薬を処方される時にここ最近先生から言われることが増えてくるのはインターネット上には偽物の薬が多く出回っていて非常に危険ですので利用しないようにしましょうと言われたという人も多いと思います。

インターネット上で調べても医薬品を個人輸入で通販するのは危険だ!って書かれていますよね。

結論から言うと確かにインターネット上には多くの偽物が出回っていて実に54%にも上っています。

もはや半数以上が偽物ですからいかに危険なのかがわかると思います。

インターネットでは悪徳サイトもあり、多くの人が被害に遭っているのは間違いありません。

ただし、多くの被害が遭っているというのはそれだけ便利だということでもあります。これから先インターネット上での通販はこれからますます伸びていくことは間違いありません。

病院もちょっとかなり過敏に言っているなって言う面もあります。病院側からしてみれば患者離れにつながってしまうからとも言えるのかもしれません。

ただし、偽物が作られている環境はかなり悪くて劣悪な環境で作られており、効果がないのはもちろんのこと体調を崩してしまう人も出てきてしまいます。

こういった場所で作られた偽物の薬は多く標的にされているのが日本人であり、薬の多くがED治療薬であろうともしっかりとまじめに運営をしているところもあります。

大手サイトを利用さえすればそんな心配もそこまでしなくてもいいのです。

またただ偽物に警戒しましょうといっても何が偽者でどれが本物かをきちんと理解をしていないと自分が被害に遭ったのかも分かりませんよね。

ですからここではどんなものが偽物なのかを把握しておく必要があります。

【 バイアグラの偽物 】

特徴としては色が違っていたり、刻印が刻まれていないものがあります。

【 レビトラの偽物 】

錠剤の後ろに容量の刻印が無かったり、本来無い容量が配合されていたり、刻印の形が違ったりします。

【 シアリスの偽物 】

刻印が違ったり、本来無い容量の100mgの刻印があったり、ボトルの色や形が違ったりしています。

これ以外にも様々な手口で偽物の薬と言うのは出回っているとされていて新しい偽者も今後出てくる可能性は十分にあります。

インターネット上に出回っている薬の多くがED治療薬であり、ほとんどが日本がターゲットにされていると言われています。

十分に警戒をする必要があり、特に中国からの多くの偽物が送られてくると言われています。

とはいえ悪徳業者もどんどん手口が巧妙化しており、中国産以外にも注意が必要ですし、一度アメリカに輸送してそこからアメリカ産と偽って紹介をしているケースもあります。

ただし、今は日本の警察も取締りを強化してきて取締りの件数もどんどん上がってきています。

これ以上偽物が増えていくと言うものではないとも考えられます。

まずは利用するのであれば大手サイトを選ぶことが重要です。