勃起不全は治らない病気じゃない!どうすれば治るのか

自分がED(勃起不全)になるなんて思いもよらなかった・・・。って絶望をしている人もいるかもしれません。

男性からしてみれば思春期の若い時なんて授業開始の時点で勃起していて一向に収まらなかったと言う時もあるほどで中々まっすぐ起立と礼が出来な買ったなんていうときもあるでしょう。

絶対にEDにはならないて思っていた若いときに戻りたいなんて思うでしょうが、現実としてEDになってしまったからにはそれと向き合っていくしかありませんよね。

とはいえEDというのは一度なってしまったらもう二度と治らない病気と言うものではありません。もちろん年齢を重ねていけばいくほどEDを治すと言うのは簡単ではないと言えますが、若いうちからEDになっている人ならば割かしすぐに治って自分の力だけで勃起することが可能だと思います。

とはいえ最初はバイアグラシアリスといったED治療薬を使ってスムーズに性行為が出来るようにしないといけません。

とはいえED治療薬も決して安くはありません。今は医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば最新の薬もジェネリック医薬品を購入することが出来るようになって居ますが、それでも毎回注文をしたりするよりかはやはり自分だけの力で勃起をしたいと考えるのは当然だと言えます。

決してEDは治らない病気ではないと言うことを覚えておきましょう。

まずはその為になぜ自分がEDになってしまったのかの原因を知ることがとても重要です。

EDになってしまった原因

よく勘違いをしている人が居ますが、EDになってしまった原因は単に年齢のせいと考える人もいるでしょう。

たしかに若い人よりもシニア世代と言われている人のほうがEDになる人は多いです。

性的欲求自体が沸きづらいですし年齢を重ねれば重ねるほど体にもガタがきますよね。40代で5人1人、50代で2.5人に1人と言われています。

60~70代の高齢者ともなれば「勃起時の硬さが足りない」や「最初から勃起しない」という悩みは尽きないものです。

高齢者になればなるほどEDになるのは間違いないですが、しかし、EDになる原因として実はこれが一番の要因ではないのです。

生活習慣病から起こるED

実は一番の原因と言われているのが糖尿病・高血圧・脂質異常症が原因と言われています。

EDの八割がEDということを自覚しております。自覚と言うことは無自覚の人も合わせればさらに多いと言えます。

そもそもEDになる原因は血液が性的興奮を受けた時に陰茎海綿体に血液を集めて勃起すると言う仕組みなのですが、血液がどろどろで流れが悪くなってしまったら十分に集まりませんよね。

そのため勃起に至らないのです。

脂質の多いものやカロリーの高いものばかりを食べていたら当然血液の流れは悪くなってしまいますよね。

だからこそ十分に気をつけなければいけないのです。年齢を重ねてしまったからEDだと決め付けるのではなくてもしかしたら病気のサイン!?かもと思ったほうがいいかもしれません。

糖尿病などにかかってしまったら大変なことになってしまいます。

心理的なストレスが原因

今はED患者と呼ばれる人がどんどん増えていっています。というのはEDといえば昔は50代や60代のシニア世代と言われている人が多かったのですが、実は20代や30代といった今までだったら無縁の年齢の人もEDとなっている人が増えてきています。

え?そんなに若い人がEDになるの?って思う人もいるかもしれませんが、増えてきています。

その原因として挙げられるのが仕事などによるストレスや将来に対する不安が原因です。

仕事は朝から晩まで休みなく働いてサービス残業は当たり前、土日出勤も当たり前で給料はアルバイトよりも安い状況でコキ使われていて仕事と家を行ったりきたりで家には寝に帰っていると言う人も多いです。

疲れきってしまって性欲どころか睡眠すらままならない状況と言う人もいます。

そうなってしまったらもはや性欲を発散しないことが体が当たり前と感じてしまって性的興奮が沸いても勃起しなくなってしまうのです。

さらに今の仕事を続けていても給料が上がる見通しもないし、今の仕事を続けていて本当にいいのだろうか考えてしまいますよね。終身雇用制度がなくなってしまった現在では将来に対する不安と言うものがつきないものです。

つもりつもった過度なストレスが原因でEDになる人も多いです。

ストレスが原因で鬱になってしまってしまった人もいますが、うつの人もEDになってしまうと言う人も多いのです。

他の理由としてはパートナーとなる相手から心無い一言を言われてしまって性行為自体に恐怖心を抱いてしまってEDになってしまうと言う点です。

パートナーから『 Hが下手で全然つまらない 』とか『 気持ち良いと思ったことがない 』みたいな台詞を言われてしまったことが原因でHに恐怖心を抱いてしまうのです。

身体の病気、外傷などによる手術が原因

EDになってしまう原因と言うのは幅広くあります。

正常な勃起をするには神経が重要な役割を担います。なぜなら性的刺激を受けると脳は勃起をしろ!という指示を陰茎に出すのですが、その神経が障害を受けているとうまく伝達されずにそのままEDになってしまいます。

代表的な症例として脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの自律神経障害を引き起こしたりします。

他には前立腺がんや膀胱がんの摘出や直腸がんの切除術などによっては陰茎海綿体の血管や神経を損傷してしまうこともあります。前までだったらがんの手術は再発を防ぐ為に多くの部分を切除する必要がありました。このためEDになってしまうことも多かったのです。

しかし、今は術後のことも考えて血管や神経を傷つけないようにするところもあります。必ず手術となったらEDになってしまうかどうかなど医師と確認して相談しましょう。

EDになってしまう原因は1つではないということを覚えておきましょう。

様々な形でEDというのになってしまうのです。

EDを治す為に行うべきこと

EDになってしまったら一生EDかといったらそうではありません。若い年齢ならば原因さえ分かれば割と簡単にEDが治ったりします。

もちろん最初はED治療薬を服用したりしながら徐々に回復へと向かっていくものです。

高齢者になればなるほどEDを克服するのは当然難しいものですが、やはり誰もが自分の力だけで勃起をしたいと考えますよね。

ここではどうすれば改善することが出来るのかを説明していきたいと思いますし、勃起不全にならない予防対策にも繋がります。

食生活の改善

EDになってしまう一番の原因として食べすぎだったり、飲みすぎが原因です。

特に男性の場合は好きなものしか食べない傾向がありますし、家で料理を作ったりすることも少ないのでコンビニや牛丼屋などで食事を済ませる人も多いです。

しかし、その場合大体コッテリした脂質の多いものや炭水化物が多いものを選んでしまいがちです。

それでは偏ってしまい血流も悪くなります。

ですからしっかりと身体にいいバランスのいい食事をしましょう。バランスのいい食事と言えば昔から「お・さ・か・な・す・き・や・ね」と言う言葉があり、血液をサラサラにする食材の頭文字をとったものです。

「お茶」「魚」「海草」「納豆」「酢」「キノコ類」「野菜」「ネギ類」をバランスよく摂りましょう。

とはいえ野菜も高騰したりして今現在は中々バランスのいい食事が摂りらいですし、野菜自体に栄養素が減ってきているためバランスのいい食事を摂るのは難しいでしょう。

忙しい時間にバランスのいい食事を摂って暇もないという人もいます。

そういった場合はサプリメントで補うようにしましょう。

サプリメントは何も効かないという人の意見もありますが、効くと言う意見も同じようにあるのでやはり簡単に摂取できて1日あたり、100円程度で済むものもありますから普段から栄養が偏っているなって思ったら取り入れるようにしましょう。

またたんぱく質が多いものを中心に摂るのもいいでしょう。

精子を構成する多くの成分がたんぱく質です。当然たんぱく質を多く摂ればスムーズな射精へと至りやすくなります。

たんぱく質が多いのは肉類や魚類に非常に多いので積極的に食べるようにしましょう。ただし、気をつけて欲しいのがお肉や魚ばかりを摂るのも偏った食事になるので背あくまでもバランスのいい食事を摂りながら積極的に食事にとどめるようにしてください。

運動を行う

血流がどろどろになってしまって勃起に至らないのであれば血液の流れを良くすれば良いのです。

そのために行うことは運動です。

運動をするのは男性にとって非常にメリットが大きいです。

学校にいたときなどは部活などがあって運動をする機会が毎日のようにあった人でも社会人ともなればめっきり運動をする機会が減りましたよね。

ですが、いきなり激しい運動をしろというものでもありません。

最初は簡単に出来るものから始めていけば良いのです。

最寄り駅の1つ前に電車を降りてそこから家まで歩いて変えるとかエスカレーターやエレベーターを使わないでなるべく階段を使って歩いたりするようにしましょう。

休日になればちょっと散歩をしたりジョギングをしたりするのもいいと思います。

また勃起不全に最も良いとされているのはスクワットです。下半身の血流を特に良くするので勃起不全の改善に効果があると言われています。

さらに全身運動のランニングや水泳なども非常に良いと言われています。

運動をすることで男性ホルモンを刺激されますし、身体が引き締まることで自分に自信がついてきますので性行為にも積極的になりますよね。

いきなりハードなトレーニングをしてしまうと長続きしませんし、それをこなす体力もないでしょう。

徐々に始めていくようにして全身を鍛えるようにしていきましょう。

アダルトグッズを使う

性行為をした時に「Hが下手」とか「気持ちよくなかった」とか言われて自分に自信がないのであれば素直に最初はアダルトグッズを使うのもいいでしょう。

誰だって最初からうまい人なんていません。

徐々にうまくなっていけば良いと思いますし、アダルトグッズというのは性行為をする時に何度も実験を重ねてこれならば気持ちよくなってもらえるだろうということで販売されています。

様々な実験が行われてきた中で販売されています。自分ひとりの力で気持ちよくさせようとは思わないでグッズを使うことで円滑な性行為をする事が出来るのです。

1人で抱え込まないようにしましょう。

勃起不全は治らない病気じゃない!どうすれば治るのかのまとめ

EDになってしまってもう年齢のせいかな?って男性だったらそう思ってしまいますが、EDというのは病気のサインや身体の異変を知らせるものでもあります。

勃起不全になってしまったら何が原因で勃たなくなってしまったのかというのをしっかりと原因を突き止めた上でどうすれば改善されるのかを知ることが大切です。

予防と改善方法は全く同じですから今EDではないという人もなるべく普段から予防を心がけるようにしましょう。