次世代のED治療薬として注目度の高いアバナ(ステンドラ)


アバナ100mg × 1箱を通販で購入
4錠 3,480円(1錠 870円)

今は三大ED治療薬といえば多くの人がご存知のバイアグラ・レビトラ・シアリスであり、知名度も抜群で多くの人が服用したことがあるED治療薬だと思います。

それぞれに個性があって使い分けが出来ると思いますが、ED治療薬というのはこの3種類しか存在をしていないと言うわけでありません。

三大ED治療薬のほかにも医療の世界はどんどん進んできています。

そして今最も注目のED治療薬というのは次世代のED治療薬であるアバナ(ステンドラ)とよばれるED治療薬です。

アメリカのVIVUS社から2013年に発売されていました。

アバナの良いところと言うのは一言で表したら今までのED治療薬の良い所取り!というのが正しいでしょう。

レビトラのように即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けづらくさらに副作用が少ないED治療薬なんです。

また持続作用時間は4時間とバイアグラと同等の時間なので性行為をする時間はないということはないでしょう。

またアバナの特徴としてはアジア人の体型に合わせて負担の少なくしているED治療薬だということです。なぜなら最初にアバナ(ステンドラ)を開発をしていたのは日本の田辺三菱製薬というう会社が製造をしていました。

そもそも日本が開発していた薬だったので当然アバナフィルはアジア人の体型に合っている薬と言えるのかもしれません。

これからの時代はどんどんアジア人が増えていく時代です。

現に今世界で最も多い人口の1位と2位は中国とインドと言われていてどちらも10億人以上と言われています。そうなればどんどんアジア人の体型に合ったED治療薬のアバナ(ステンドラ)が注目を受けるのは間違いありません。

今までは即効性のあるED治療薬といえばレビトラでしたが、レビトラ並み、いやそれ以上の即効性があると期待されており、副作用も少なく食事の影響を受けづらいのであれば使い勝手がいいに決まっています。

そんなアバナ(ステンドラ)ですが、まだ病院での認可が降りていませんので日本の病院では処方してもらえません。

処方してもらえないのであれば手に入れる方法としては医薬品個人輸入代行サイトを利用するのが一番簡単な方法と言えるでしょう。

アバナも他のED治療薬と同様に3つの規格から販売されていて【50mg、100mg、200mg】といって三大ED治療薬は規格の数字が違うので一緒にしないように気をつけるようにしましょう。

空腹時に服用したら20分から効果が現れてきて大体すると約30分、持続効果時間は4時間で副作用も少ないと言うのを覚えておきましょう。

日本でまだ未承認と言うのはなんだか利用するのが怖いと言う人もいますが、これまでのED治療薬は全て日本人ように合わせて改良されたわけではなくてそのままの規格で出されています。

アバナも同様に海外で開発されて世界中で利用者がいてアジア各国で人気のあるED治療薬となっていますからまず安心して利用することが出来ます。

むしろこれまでのED治療薬よりも副作用が少ないと言うことでより安全だと考えれていますから日本は承認されるのが他の国と比べると圧倒的に遅いだけですので日本で未承認であっても遅くても承認されることはほぼ間違いないので早めに試してみましょう。

どうしても怖いと言うのであればアバナの高容量配合された200mg錠ではなくて100mg錠を利用するようにしましょう。

アバナの主成分アバナフィル

アメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)からもしっかりと許可を得て発売されたアバナの主成分アバナフィルは即効性に優れていてレビトラ以上の速さが期待できると言われています。

レビトラの即効性とシアリスのように食事の影響を受けづらいと言う今までED治療薬におけるネックに感じた部分を取っ払ってくれているのがいいですよね。

アバナを購入しよう

アバナはそもそもステンドラのジェネリック医薬品です。ステンドラよりもアバナという言葉のほうが日本で知名度が高いかもしれません。

ステンドラを使うのもいいですが、ジェネリック医薬品がインドから発売されていますのでどうせならば最初からステンドラよりもアバナを使用したほうが料金はかなりお得になります。

定価の半分以下どこではなくて最大で10分の1程度に済みます。

1錠あたりの金額もかなりお得なのでED治療薬の中でも最新の薬であり、注目度がどんどん高まっているED治療薬アバナを試してみましょう。

アバナ100mg × 1箱を通販で購入
4錠 3,480円(1錠 870円)